知床の安全対策

はじめに

私たち知床観光関連事業者は、この度の海難事故と向き合いながらも、知床観光の安全性をしっかりと見直し、知床観光を楽しんでいただくために、安全への取り組みを積極的に発信することといたしました。
今後は、皆様が安心して来訪できるように知床地域一体となって取り組み、信頼回復に努めて参ります。

2022年7月29日
特定非営利活動法人 知床斜里町観光協会 会長 野尻 勝規




知床五湖

地上遊歩道の散策では自然環境への配慮をするとともにヒグマに対する危機回避の技術や避難誘導などの訓練に基づいた 認定制度※ を設けており、毎年行われる認定試験を合格した者が知床五湖のヒグマ活動期においてガイド業を行っております。これらの技術を有するガイド事業者は当観光協会や知床ガイド協議会に所属しており、ヒグマの生息地である知床国立公園内でのガイドツアーを安全に楽しむことが出来ます。

認定制度:知床五湖登録引率者 新規養成カリキュラム

参考リンク:知床五湖 二つの歩き方|環境省


流氷体験

価値ある流氷体験の存続と流氷事故を防ぐため、知床ガイド協議会では流氷ルール(流氷ウォークについて)を定めることとする。 流氷を利用した自然体験ツアーを行うガイドは、以下のルールを厳守すること。

  1. 自然環境への配慮をする。
  2. ツアーを行う入り口付近に、流氷事故防止啓発看板を設置する。
  3. ツアーエリア(幌別エリア、ウトロ港エリア、チャシコツエリア)を遵守する。
  4. 日没後から日の出前は、いかなる理由でもツアーを行わない。
  5. ツアー参加者全員にドライスーツ、防水グローブ、帽子を着用させる。
  6. ガイドはツアー中、必ずセルフレスキュー用具(救急用具を含む)を携帯する。
  7. ガイドはエリアの状況や内容、参加者の体力等に合わせた引率人数制限を行う。
  8. 一回のツアー時間を、180分以内とする。
  9. ツアー中、気象や波等により危険が予測された場合は、速やかに陸へ戻る。その際、同じエリア内のガイド団体にも危険を知らせる。
  10. 流氷に乗っている一般の人を発見した場合は、速やかに状況確認をし、必要によっては陸地まで引率する。また海に落ちた人を発見した場合は、速やかに消防署への連絡と、可能な限りのレスキューを行う。
  11. 事故や緊急時の対策マニュアルを作成し、年に一度、セルフレスキューの訓練を行う。また、訓練の記録は知床ガイド協議会へ提出する。
  12. ガイドは最低2年に一度、救急救命法の講習を受ける。
  13. 万一の事故に対応できる賠償責任保険に加入する。
  14. 事故及び問題が生じた場合は、知床ガイド協議会に速やかに報告する。
  15. ローカルルール『流氷』を積極的に推進する。

参考リンク:知床ガイド協議会


ヒグマ(ビジターの方へのお願い)

長さ約70kmの知床半島には500頭ほどのヒグマが暮らす世界有数のヒグマの高密度生息地です。一方、知床半島には斜里町・羅臼町合わせて1万6千人ほどの住民が暮らし、年間120万人以上の観光客が訪れます。「ヒグマを近くで見たい・撮りたい」という欲求から、ヒグマへの過度接近や餌やり等も後を絶ちません。その様な行為によってヒグマが人に慣れてしまい、人を恐れない「問題グマ」へと変えてしまいます。その様な「問題グマ」が人間への危害を及ぼす恐れがあると、やむなく補殺されてしまう場合もあります。人はもちろん、ヒグマの生活を守るためにもヒグマへの餌やりや近づくことは、おやめ下さい。

参考リンク:知床国立公園

参考リンク:知床のひぐま|知床財団


ウトロ地区における災害時の避難場所

質問 津波や災害時はどこへ避難すればよいの?

回答 1
道の駅うとろ・シリエトク周辺にいる方は、知床ウトロ学校 地図 へ避難して下さい。

回答 2
道の駅うとろ・シリエトクより東側にいる方は、知床自然センター 地図 へ避難して下さい。

参考リンク:地域防災Web「ウトロ自主防災会」


知床沖でおきた海難事故について

小型観光船運航再開について

2022/06/16

令和4年4月23日、知床半島沖で発生いたしました海難事故でお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
未だ発見されておられない方の捜索活動につきましては、引き続き国への協力を要請いたしますと共に、捜索活動に対する多くのご寄付も斜里町に寄せられております。全国からのあたたかいご支援に感謝申し上げますと共に、引き続き遭難者の発見に至ることを心より望んでおります。
今回の事故を受けまして、知床小型船事業者3社(ゴジラ岩観光、知床クルーザー観光船ドルフィン、知床世界遺産クルーズFOX)と安全面の見直しを行った上での共通の自主ルールを策定し、各社ホームページにて開示させていただいております。
今後は各社、運航基準を遵守し、令和4年6月16日から運行を再開いたします。二度と悲惨な事故を起こすことのないよう最大限の安全意識で取り組みますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。


お知らせ

2022/05/18

2022年4月23日に「(有)知床遊覧船」が運航する船舶(KAZUI)で海難事故が発生し、現在も海上保 安庁・警察・消防・自衛隊等による懸命な捜索活動が続けられております。
捜索活動への協力や徹底した安全対策の再検討等のため小型観光船(ゴジラ岩観光、知床クルー ザー観光船ドルフィン、知床世界自然遺産クルーズFOX)は全社運休しております。
安全体制の見直し、運航コースの変更なども含めて、船舶事業所各社での慎重な協議のため運休期間を5月31日(火)までとしておりましたが、6月10日(金)まで延長いたします。状況によっては運休期間がさらに延長される可能性もあります。ご理解下さいます様、お願い申し上げます。
尚、「大型観光船おーろら」につきましては安全対策を徹底したうえで営業運航を一部再開する予定とのことですが、詳しくは運航会社へお問合せ下さい。


お知らせ

2022/05/6

2022年4月23日に「(有)知床遊覧船」が運航する船舶(KAZUI)で海難事故が発生し、現在も海上保 安庁・警察・消防等による懸命な捜索活動が続けられております。
小型観光船(ゴジラ岩観光、知床クルーザー観光船ドルフィン、知床世界自然遺産クルーズFOX)は捜 索活動に協力するため、ゴールデンウィークの期間で(4月29日~5月8日まで)全便運 休をいたしました。今後につきましては、安全体制の見直し、運行コースの変更なども含めて、船舶事 業所各社での慎重な協議が必要であると考え、運休期間を5月31日(火)まで延長いたします。状況によっては、運休期間がさらに延長される可能性もありますので、何卒ご了承をお願い申し上げます。
尚、「大型観光船おーろら」につきましては、運航再開の時期を検討中です。


知床遊覧船(KAZUⅠ)の海難事故について

2022/04/28

この度、(有)知床遊覧船の観光船(KAZUI)が4月23日知床半島沖において、海難事故をおこし、現在 も捜索活動が行われております。
一刻も早い全員の救助を願いますと共に、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
今後原因の究明がおこなわれることとなりますが、当協会といたしましては、今一度船舶事業者と協議し、運行体制、安全面の見直し、事故発生時の早期対応策なども合わせて信頼回復に努めていく所存でございます。
観光船は知床観光の大きな柱であり、当協会のホームページや観光案内所で観光船事業者の紹介をさせていただいております。その様な中、今回の事故が発生し、知床を訪れた皆様、これから来訪予定の皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。

特定非営利活動法人 知床斜里町観光協会 会長 野尻 勝規


お知らせ

2022/04/25

ニュース等で報道されております通り、2022年4月23日に「(有)知床遊覧船」が運航する船(KAZUI)の 海難事故が発生いたしました。
現在も海上保安庁・警察・消防等による行方不明者の懸命な捜索活動が続けられております。
小型観光船各社は海上捜索活動への協力のため、ゴールデンウィークの臨時便期間として予定しておりました4月29日~5月8日まで小型観光船は全便運休を決定いたしました。
尚、知床観光船「おーろら」も行方不明者の捜索活動に当たるため営業運航を当面の間、中止致します。